旋盤加工から転造、センターレス研磨、表面処理までの一貫加工、自動車業界で培った経験、精密切削の量産化のお手伝を致します。(加工径:φ10~φ90、加工長さ:L=120mmまで)豊富な加工知識を持つ営業技術と現場が一体となって担当します。弊社の特徴はこちら

材質 - 炭素鋼

NC旋盤加工の複合旋盤加工.comでは、炭素鋼(S10C、S15C、S17C、S20C、S25C、S35C、S45C、S48C)等特殊鋼の金属加工に対応致します。

種類 コスト 切削性 市場性 熱処理性
炭素鋼 S10C
S15C
S17C
S20C
S25C
S35C
S45C
S48C

炭素鋼は、一般的にSxxCの形式で表されます。xxは炭素含有量を示し、Cは炭素鋼を意味します。S10C、S15C、S17C、S20C、S25C、S35C、S45C、S48Cは、炭素鋼の代表的なグレードです。以下に各特性について説明します。

コスト

炭素鋼は、低コストで高品質な材料です。炭素含有量が高いほど、一般的には材料コストが高くなりますが、他の高級合金鋼と比較するとコストは低いです。

切削性

炭素鋼の切削性は、炭素含有量と密接に関連しています。炭素含有量が低いほど切削性が良く、高いほど切削性が低くなります。S10CやS15Cは切削性が良い一方、S45CやS48Cは切削性がやや劣ります。

市場性

炭素鋼は多くの業界で広く利用されており、需要が高いため市場性があります。自動車や機械部品、建築資材など、さまざまな分野で使用されています。

熱処理性

炭素鋼の熱処理性は、炭素含有量によって異なります。炭素含有量が高いほど、焼入れ性や焼き戻し性が向上します。S45CやS48Cは高い炭素含有量を持つため、優れた熱処理性を示します。

溶接性

炭素含有量が低い炭素鋼は、良好な溶接性を持ちます。S10CやS15Cは、比較的溶接性が良いですが、S45CやS48Cのような高炭素鋼では、溶接性が低下し、予熱や後熱処理が必要になる場合があります。

カシメ性

炭素鋼は、炭素含有量が低いほど、良好なカシメ性があります。S10CやS15Cは、優れたカシメ性を持ち、自動車や建築資材などの分野で利用されています。

材料選定 VA/VE

<製作実績> 炭素鋼(S45C、S48C、S25C等)

お問い合わせはお気軽に!