旋盤加工から転造、センターレス研磨、表面処理までの一貫加工、自動車業界で培った経験、精密切削の量産化のお手伝を致します。(加工径:φ10~φ90、加工長さ:L=120mmまで)豊富な加工知識を持つ営業技術と現場が一体となって担当します。弊社の特徴はこちら

加工技術情報 (VA/VE)

ねじ転造

管用平行ねじの「PF」と「G」は、どのような意味ですか?

管用平行ねじは、20年ほど前にJIS規格が変更になったのですが、市場ではまだ使用されることがあり、新旧の規格が混在している状態です。

 

管用平行ねじ 「PF」 → 旧JIS ねじ

管用平行ねじ 「G」   → 新JIS ねじ

 

基本的には、同じになります。読み替えて下さい。

 

1/8~3/8までのねじ加工が可能です。

 

 

詳しく説明すると、

「PF」は「パイプフレア」を表し、外径にフレア(広がり)を持つねじです。一方、「G」は「管用」を表し、一般的なメートルねじと同じ形状のねじです。

パイプフレアねじは、パイプフレア継手と組み合わせて使用されます。この継手は、パイプの端部にフレアを形成し、継手を取り付けることで、パイプ同士を接続するために使用されます。パイプフレアねじは、この継手に適合するように設計されています。

「G」は、メートルねじ(管用平行ねじ)の記号です。これらはJIS B0207に規定されています。
管用平行ねじの「G」は、一般的に管用途に使用されるメートルねじを表します。これらのねじは、パイプフレアねじとは異なり、フレアを持ちません。ただし、パイプ同士を接続するために使用されることもあります。

 

 

<その他関連 加工技術情報>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ねじの等級】
 

加工技術VA/VE カテゴリー

» ねじ転造 一覧へ戻る

» 加工技術情報 (VA/VE) 一覧へ戻る

よくあるご質問を投稿
お問い合わせはお気軽に!