旋盤加工から転造、センターレス研磨、表面処理までの一貫加工、自動車業界で培った経験、精密切削の量産化のお手伝を致します。(加工径:φ10~φ90、加工長さ:L=120mmまで)豊富な加工知識を持った専任者が担当します。弊社の特徴はこちら

加工技術情報 (VA/VE)

用語集

NC旋盤加工とは?

 

◆NC旋盤加工とは?
旋盤とは、回転している材料に刃物をあて、円状や円筒状に部品を加工する工作機械を指します。そして、その旋盤にNC(Numerical Control、数値制御)を取り付けたのが「NC旋盤」となります。NC旋盤は、数値制御をもとに、プログラミングによって、手順通りに自動加工を行います。また、切り込みの加工位置を高精度で制御できるほか、目的とする形状に合わせて、回転速度や刃物の加工速度(送り)を制御できるため、高精度な加工を行うことができます。

◆NC旋盤の構成
次に、NC旋盤の基本構成を見ていきましょう。NC旋盤の基本構成は主に、主軸台、刃物台、心押台などの機械本体部に加えて、NC制御盤及び操作盤となっています。それでは、ここからはそれらについて、一つずつ詳しく解説していきます。

◆NC旋盤の構成【機械本体】
●主軸台
主軸台は、主軸やチャック(加工物を取り付ける装置)の部分を主軸台と言います。
またモーターによって主軸が回転されます。
また、エンコーダが主軸に連結されており、主軸の回転角度をパルスの形にし、NC装置にフィードバ ックを行い、主軸の回転数を制御します。

●刃物台
刃物台には、旋盤加工に使用される様々な切削工具が取り付ける台です。
刃物台の移動軸には、 加工物の直径寸法を決める横方向(X軸)と加工物の長さを決める縦方向(Z軸)の2軸があり、サーボモータ(位置決めを得意としたモータ)によって刃物台が移動します。

●心押台
心押台に回転センタを取付けて、長い工作物を支持する台です。チャックと心押台の両方で工作物を支持する(両端支持)ことで、高い加工精度が得られます。

NC旋盤の構成【NC制御】
●NC制御
NC制御とは、工作物に対する工具経路,その他,加工に必要な作業の工程などを,それに対応する数値情報で指令する制御のことです。

 

旋盤加工技術情報 (VA/VE)

材料選定

工程集約

形状・旋盤加工(ターニング加工)

品質

精度

硬度

表面処理(めっき、黒染め、熱処理など)

コストダウン(コスト低減)

よくあるご質問を投稿
お問い合わせはお気軽に!